読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい 雑感

思いついた事を書いていくところです

憤る

私のことを知っている方はご存知だと思いますが

案外私は短気です

すぐに憤ります

それを表面に出すかどうか。というのはまた別問題ですが

 

本日は、そんな憤りのことを書かせてもらいます

 

仕事中の話です

毎日体重測定をしている、若干認知症の患者さんがおりまして

私がリハビリに行こうとその方を車いすに乗せ、

ふと体重測定しているかと思い、患者さんに聞きました

 

『○○さん。今日は体重計りました?』

「おう。今日はもう計ったよ」

『お。早いですねぇ。さすがですねぇ』

 

若干の認知症もあります。

患者さんの言葉を鵜呑みに出来ないのは私も理解しています

 

そうしたところ、担当の看護師さんがいましたので聞きました

 

『○○さん(患者さんの名前)、今日は体重測定しました?』

 

看護師さんはこう答えました

 

「荒堀さん。その人の言葉、信用できると思っているんですか?」

 

そりゃ認知症もありますよ

物忘れもありますが、本人を目の前にしてその言葉は無いだろうと思います

 

本当に患者さんのことを考えているのか、

どうしてそんな言葉が出てくるのだろうと悲しくなると同時に

非常に憤りました

 

病院で仕事をするという事は

直接患者さんと接するという事は

医療的な行為・知識も大切ですが

人を思いやる心が大事だと私は思います

 

自分の親や家族が、親戚が、大切な友人や恋人が

受けても良い医療を提供出来ればと私は思っていますが

そういうことじゃない人もいるんですなぁと思いました

 

 

きっと私は、こういう私の正義に反する行為に対して

ものすごく憤るのだと再認識しました