読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい 雑感

思いついた事を書いていくところです

続・包丁研ぎ

先日の包丁研ぎで、新聞紙がスパッと切れたことに気分を良くした私は

お節介にも同じ職場の人の家の包丁を研ぎに行くことにしました

 

いや、ホントに親切と言うより武者修行みたいなもんで

半ば迷惑であると思いましたが、色々やってみないと

改善点も掴めないかなぁと言うところではあります

 

今回お邪魔したのは、包丁を何年前に買ったかも覚えておらず

それ以降一度も包丁を研いだことがないと言うところです

いわゆる簡易的なシャープナーで研いだこともないとのことで

これは腕が鳴るぞと思って始めてみましたが…

 

まず、1回も研いだことのない包丁なので

目茶苦茶切れない。人参切れるんですか?と言うくらい

新聞紙を切ろうとしても全く切れ目が入らないくらい

メインの砥石しか持って行ってなかったので

荒砥石も持ってくれば良かったと後悔するけど、まあやるしかないと言う事で

頑張って研ぎ続けました

 

ですが、今日の北海道は大変寒い!

氷点下4度で更に風が吹く!

刃先を押さえる指がカタカタ震えるほどの寒さの中

約30分ほど研いでとりあえず終了

手がかじかんで感触が無く

カエリを見る事があまり出来ない状況でしたが

何とか少しは切れ味も上がった様子で

新聞紙に切り込みを入れる事も可能となっていました

 

今回の反省点として

まず荒砥石で研いだ後に、普通の砥石を使えば

楽に刃がつけられた可能性が非常に高いと言うこと

 

「研いだことのない包丁は、まず荒砥石から」

 

と言う事を学んだので良しとしましょう

 

家の包丁は何度も研いでいるので

刃が出やすいのですが

そうでない包丁は刃を出すまでに一苦労なのですね…

色々勉強になりました。失敗は成功の母です

 

ちなみに寒さでうっかりして右の人差し指を負傷しました

非常にPCにも不便ですが

何とか早く治したいと思います