読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい 雑感

思いついた事を書いていくところです

ふるさと納税3割に関して

今回の記事はいつも以上にネタ記事です

私は頻繁にこうやって頭の体操と称して

色々な妄想を繰り広げていると言うことを紹介です

現実的な事を書いているわけではなく、あくまでジョーク記事です

 

今回のテーマは、「ふるさと納税の返礼品は3割までと言われたけど

自分がその担当だったら、どうやって去年と同じようなものを返礼品として出すか」

と言う事ですね

 

どうやら、平均1万円の寄付に対して4000円の返礼品が出ている様子

3割という事は3000円ですから、普通に考えて1000円足りません

普通に1000円安いものしか仕入れる事が出来なければ、量か質か

どちらか、もしくは両方の低下は避けられません

 

しかしふるさと納税の寄付が減ってしまえば、市町村の運営に多大な影響を及ぼしかねない状況です

さぁ。どうやって寄付額を減らさずに、総務省からのお達しである3割以内に何とか収めることが出来るのか?

 

①3000円で良いものを探す

現実的かも知れない

しかし地場産業も恐らくふるさと納税の恩恵を受けていますので

そこの値段を下げると言う事も、ある意味地域にはダメージがある

 

②全体として3割の基準を満たすため、ダミーを用意する

1つ1つの返礼品で3割を超えてはいけない。とは書かれていないので

全体で3割の基準を満たすために、ダミーの返礼品を準備する

100万円くらいの寄付で、返礼品は1万円とか5000円にして

本当の意味で「寄付」「ふるさと納税」という事にする

デメリットはより返礼品競争が過熱する危険性があるところ

逆に本当に寄付をしてくれる人が多かった場合、大変良い収入になる

 

③後で還付金として返す

例えば去年まで1万円につき5000円の返礼品を出していたところも

5000円、去年と同じ商品を出す事にする

そうすると差額の2000円が足りない事になるが

こちらは、後で業者などに地域貢献還付とか何とか名目を作り

残りの差額を還付金とする

 

他にも何か無いかなぁと考えたり妄想したりしていますが

どれもきっと上司に出したらボツになるのだろうなぁと思ったりもします

 

仕事?真面目にやっているはずですよ。たぶん

重ねて書きますが、ジョーク記事ですので