読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すごい 雑感

思いついた事を書いていくところです

ふるさと納税3割に関して

今回の記事はいつも以上にネタ記事です

私は頻繁にこうやって頭の体操と称して

色々な妄想を繰り広げていると言うことを紹介です

現実的な事を書いているわけではなく、あくまでジョーク記事です

 

今回のテーマは、「ふるさと納税の返礼品は3割までと言われたけど

自分がその担当だったら、どうやって去年と同じようなものを返礼品として出すか」

と言う事ですね

 

どうやら、平均1万円の寄付に対して4000円の返礼品が出ている様子

3割という事は3000円ですから、普通に考えて1000円足りません

普通に1000円安いものしか仕入れる事が出来なければ、量か質か

どちらか、もしくは両方の低下は避けられません

 

しかしふるさと納税の寄付が減ってしまえば、市町村の運営に多大な影響を及ぼしかねない状況です

さぁ。どうやって寄付額を減らさずに、総務省からのお達しである3割以内に何とか収めることが出来るのか?

 

①3000円で良いものを探す

現実的かも知れない

しかし地場産業も恐らくふるさと納税の恩恵を受けていますので

そこの値段を下げると言う事も、ある意味地域にはダメージがある

 

②全体として3割の基準を満たすため、ダミーを用意する

1つ1つの返礼品で3割を超えてはいけない。とは書かれていないので

全体で3割の基準を満たすために、ダミーの返礼品を準備する

100万円くらいの寄付で、返礼品は1万円とか5000円にして

本当の意味で「寄付」「ふるさと納税」という事にする

デメリットはより返礼品競争が過熱する危険性があるところ

逆に本当に寄付をしてくれる人が多かった場合、大変良い収入になる

 

③後で還付金として返す

例えば去年まで1万円につき5000円の返礼品を出していたところも

5000円、去年と同じ商品を出す事にする

そうすると差額の2000円が足りない事になるが

こちらは、後で業者などに地域貢献還付とか何とか名目を作り

残りの差額を還付金とする

 

他にも何か無いかなぁと考えたり妄想したりしていますが

どれもきっと上司に出したらボツになるのだろうなぁと思ったりもします

 

仕事?真面目にやっているはずですよ。たぶん

重ねて書きますが、ジョーク記事ですので

働くと言う事について

実際問題として、社会に出てみると意外ときっちりしていなかったり

むしろ、きっちりすると色々弊害が出たりする事もあって

子供の頃に想像していたよりも、働くと言うのは

真面目にさえやっていれば、テストも無いし、さほど怒られる事も無いし

学生時代より良いのではないかと思う事もある

 

私の労働環境が良いだけかも知れないけども

確かに私は比較的仕事としては恵まれていると言う自覚はある

理学療法士以外の仕事をやった事も無いので

(せいぜい学生時代のアルバイトくらいだ)

この感想に関しては、理学療法士としての考えと

私個人の考えであり、一般論ではないかも知れないけど

その上で話をしていこうと思う

 

何故大人は、子供達に対してあんなにも世の中は厳しいと言う事を言いたがるのだろうか

 

まるで学生が終わったら、後は奴隷のような楽しみもない人生が始まるのだ

と言わんばかりの厳しい物言いである

大学生活が「人生の春休み」などと言われるのもその辺から来ているのであろう

 

しかし、普通に考えれば、大人になってからの方が

お金は自由になるため、出来ることは増える

自分の行いたい事を行うと言うのは、つまり幸せの一つの形であると思うので

大人になって、働くと言う事は楽しみもあるんじゃないか?と

私は昔から(小さい頃から)思っていたけども、比較的少数派なのだろうか

 

学生時代だって、嫌な奴はいるし、楽しくない授業もあった

勿論楽しい授業はあるし、気の合う友人だっている

仕事だって同じじゃないかなぁと思うのだけども

これはもしや、私がまだ学生気分が抜け切れていないと言う事なのだろうか

 

むしろ学校をやめる事が出来ない中学校・高校の方が

五月病というのは発生しやすいのではないかと思うけども

その辺はどうなんだろうなぁと思ったりもする

 

こんな事を考えていても、話せる人がいないので

日記帳の代わりにここに書いておこうと思う

読後感想:敗者のゲーム(第5版)

敗者のゲームと言う本を読んだので

それに伴うまとめと感想を書いておきます

 

これは株式及び投資信託を行おう、もしくは興味がある

と言う人に向けて、心得を書いた本だと思います

間違っても、この株が良いとか、この投資信託が儲かるとか

そう言う事は書いていません

投資とは何ぞや。気をつけるべき点は何か。と言う事について書いてあります

 

タイトルの敗者のゲームとは、プロがゲーム(試合)をする時は

相手を負かして勝つ事が多いけど

素人がゲーム(試合)をする時は

自分のミスで負ける事が多い事から

一般投資家(素人。つまり我々)がゲーム(投資)する時に

どうしたらミスが少なくなるか(=負けにくくなるか)と言う事ですね

勝つためのゲーム運びではなく、負けないためのゲーム運びは何なのか

その辺に焦点が当たっています

 

まとめると

・投資は何のために行うのか、いつまでにいくら必要なのかしっかりと計画を立てる事が一番大事である

複利効果を生かすためにも、基本的には解約せず持ち続ける方が良い。時間を味方につけること

・基本方針を立てたら、後は1年に1回くらいは見直しが必要ではあるものの、基本的にはあまり他の商品に目移りせず、自分の立てた計画を信じること。そもそも信じられないような計画や基本方針ならば、もっとしっかり考えてから行動すべき

・長い目で見ると平均に近づく。勝っているところはずーっと勝っているわけではないし、負けているところも負け続けでは無い。平均に近づく事を意識する必要がある

・プロが投資した結果である市場そのものを購入するのが、一番効率が良い。つまり日本で言うなら日経平均株価TOPIXなどである。これらに連動したものを購入するのがオススメである。素人じゃプロの投資には勝てない

・基本的だが、安く買って高く売るのがコツである

 

所々難しい事が書いてあるけど、基本的には読みやすい文章だと思います

恐らく翻訳者が上手くかみ砕いているのだと思います。そりゃ翻訳している人も、経済学に通じている人ですわなぁ

 

恐らく、何度読み返しても、新しい発見がある本であると予測される事から

投資に関する教科書的なものだと思います

 

今後日本人も確定拠出年金などで、投資に触れる機会が増えると思いますし

そう言うときになったら、一度は読んでおくべきではないかと考えます

少しずつ積立中

元々の性格が、倹約家な事もあって

お金を少しずつですが、貯めようとしています

 

倹約家というか、むしろ吝嗇という感じですね

いわゆるケチです

 

ものを大事にすると言えば聞こえは良いですが

壊れるまで使おうと思っているので、強風で転倒し、中の基盤が壊れて修理不能で戻ってきたけど、まだ使えるので使おうと決めた一眼レフカメラD80

(今時D800ではなく、D80ですよ!)

家の中で来ているエプロン兼防寒着のパーカーは

もう8年くらい着ており、腕まくりするときに同じ所を掴むためか

その部分に穴が開きましたが、パッチを当てて使っています

 

まあ、そんな感じでモノを大事にしている上に

ギャンブルはしない、お酒は飲まない、交友関係は狭いと言う事で

外でお金を使う事もあまり無いために

何とかお金を貯める事が出来ていますが

 

この度、ついに投資信託にデビューしました

本題に辿り着くまでに400文字近くなっていますが

まあ良いでしょう

 

積立貯金と平行して、投資信託です

今のご時世、貯金をしても殆どお金が増えないので

少しでも増やそうと思い始めた投資信託ですが

ネットで購入すると手数料も殆どかからない事から

意外と現実的に可能な感じがしています

元本割れの危険性も非常にありますが

基本的には日本経済も世界経済も、ずっと低下傾向にあるわけでは無いと思うので

日本全体や、世界全体にお金を回すと言うのは

悪い選択肢じゃないと思いました

 

「3000円から出来る投資信託」という本と

「難しいことは分かりませんがお金の増やし方教えて下さい」と言う本を読んで

始めようかなと思ったのですね

 

長期の投資にするつもりなので、毎日の多少の変動では右往左往しない予定ですが

毎日株価を見たりして上がった・下がったと一喜一憂する楽しみも出来ています

 

何かあっても、笑って済ませられる範囲で

楽しみのように行う分には、問題ないかと思っています

 

とりあえず、外国株と、日本株を購入し、今後の値上がりを待つのみです

私にはやれる事は無いので、果報を寝て待つ事にします

クラウドサービス

今更ですが、クラウドサービスって凄いナァと思いまして

 

私は趣味で写真撮影をしているのですが

その写真の保管場所が大変問題になっています

基本的にHDDに入れてあるのですが

勿論HDDは壊れる事もあるし、PC自体がウイルスでやられる事もあるし

DVDやBDに焼いたところで、十数年後に読み込めるかと言うと

疑問点もあります

 

かと言って、全て写真に印刷していたら、お金も大変な事になりますし

そもそも、全ての写真を焼かなくて良いからこそ、デジタルの良さがあります

 

そこで目をつけたのがクラウドサービスです

今回はグーグルとアマゾンのどちらが良いかと思って両方登録してみました

と言っても、グーグルはメインのアドレスがグーグルアカウントですし

アマゾンはプライム会員なので、問題なく使えたのでした

 

グーグルは写真の容量・サイズが削られてしまいますが

無料でいくらでも保存できます

ただ、縮小されたあとのサイズが、スマホで閲覧したりする分には良いですが

写真として焼こうとした場合には、小さい危険性が高いため

この辺の悩ましいところはあると思います

普段のスマホで撮影した写真のバックアップを取りたいなら

グーグルで十二分じゃないかなぁと思います

 

一方でアマゾンはプライム会員にならないと使えないため

年間4000円近くかかりますが

RAW画質でも容量無限です

写真をやってる人にはこれは凄いと思えると思います

ファイルサイズが大きくて、クラウドサービスでは容量の問題から

RAWはどうすると悩みのタネになりますが

何とそれも含めて容量無制限です

年間4000円かかると考えても、私は良いんじゃないかなぁと思います

ただ、写真の管理はグーグルよりも若干面倒です

顔認識でのファイル分けとかもしてくれませんしね

ただ、容量の観点からはすごく良いと思います

 

と言うわけで、私はアマゾンで保存しています

ただ、このためのアップロードにも、非常に時間がかかるため

毎日少しずつのアップロードになっています

 

今更ですが、クラウドの凄さを知った私でした

そのうち、写真のリンクとかも貼っていきたいですね

 

ところで、カメラを始めたばかりの写真を見返してみましたが

なんと言うか、独創的な写真ばかりでしたw

温度差があると大変な事

集団で何か物事を行う場合

その集団の中で温度差があると収拾がつかなくなる可能性があり

最終的には空中分解。と言う事例はどこにでもありまして

 

どこにでもあるからこそ、自分にも降りかかってくる可能性もあるわけです

 

おおよそ、私は性根が真面目と言われる事も多く

多くの物事に対して真剣に取り組む傾向が強い様子です

しかし、世の中にはそうでない人も存在しています

私の悪い癖として、そう言う人に対しても

本気でやれよ!と言う事を思ってしまう事があります

 

責任感が強いのかも知れませんね

やらねばならない。と言う事が強すぎる

 

○○しなくてはいけない。と言う考えを多用しています

あまり良くない事の様子ですが、まあ今まで特に困っていないので

大丈夫だとは思いますけどね

(現に摩擦が起きているけど、まあ気にしないでおきますw)

 

ましてや、中間管理職な上に、何か物事を動かすときは

必ず他部署の人にお願いして物事を動かさねばならないのです

勿論、情報も私の所に直接来るのではなく

その他部署の方から回ってくるわけです

 

もう他部署が物事動かしてくれと言いたいところですが

まあ、私もこれでも社会人なので、その辺は言わないでおきますが

全く情報が私の所に入ってこないために

何も動くことが出来ないのもまた事実

 

こんな状況で、果たして良い仕事が出来るのだろうかと思いますが

これも人との関係性のレベルを上げるための修行と思って

頑張ることにします

 

ちなみに、大変意味のない余談ですが

私が「まあ、○○」という事を書く時は

大抵納得いっていない事柄の事が多いです

そう言うのが火種になるんだろうなーと思っています

滑り込み

2月中に記事をまったく書かないのもアレなので

何とか滑り込みで書くことにしました

 

今日は休暇が取れたので

(看護休暇ですが)

比較的時間に余裕があるのがありがたいですね

 

さて。1月下旬からいよいよ職場の方が忙しくなり

毎日残業の量が増えてきたこともあり

家に帰ってご飯を食べてお風呂に入ったら

もう余暇時間は殆ど無い

と言う状況が続く2月でした

 

忙しいことは悪くないのですが

直接お金にならない仕事が非常に多いので

職場の方からすると効率の悪い働きでしょう

 

でも、まあ、今まで広報を一切してこなかったと言うツケが

今頃出てきているのです。殿様商売してる場合じゃありません

そもそも、さほど儲かる仕事でも無いのに

何故今まで殿様商売していたのか、謎で仕方ありません

 

と言うことで、やっと広報に力を入れましょうと言うことで

私も選ばれて会議・企画に携わっています

ネットの方を主に担当すると言う事になるかと思いきや

何故か違う部署に回されたり

 

「これからはネットを駆使して宣伝する時代だ」

と言ううたい文句で始まったはずなのに

「ネットとかSNSとか怖いから手を出すのはあまり良くない」

と言う社長のお言葉を頂いたりと

一体この広報はどこへ行ってしまうのか

 

と言う感じではありますが、何とか4月の一区切りまで

頑張っていきたいと思います